東芝「Chromebook 2」、使ってわかったこと

シンプルで軽快なChromeライフとは?

東芝のChromebook 2

アップルが明らかにした、USBポートが1つしかない新しいMacBook。4月10日の発売を前に、ユーザーからは「果たしてメインマシンとして利用できるのか」「価格が高い」「誰に向けた製品なのか」といった声も聞かれる。

筆者はMacBookを見た時、グーグルが生み出したChromebook(クロームブック)に対するアップルなりの答えではないか、という印象を持った。そのChromebookの本命と高い評価を得ているのが、東芝の「Chromebook 2」だ。米国のみで売られているこの機種と1週間過ごしてみたので、その様子をお届けしたい。

東芝「Chromebook 2」の特徴とは

東芝は米国のコンピュータ市場でも、信頼性の点で一目置かれる存在だ。特にノートブックのブランド力はまだまだ強いものがある。そんな東芝が米国市場に送り出したのが、グーグルのChrome OSを搭載した軽快なノートブックコンピュータ「Chromebook 2」だ。

名前からもわかるとおり、同社のChromebookとしては2作目となるこの製品は、1.3kgのボディに13.3インチのHDディスプレイ(1366x768ピクセル)あるいはフルHDディスプレイ(1920×1080ピクセル)を搭載し、Chromebook体験を非常に高いスタンダードへと引き上げた。しかも価格はそれぞれ249.99ドルと329.99ドル。ディスプレイのクオリティを考えると、非常にお値打ち感の高い製品と言える。

次ページブラウザだけが動くノートパソコン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT