東芝「Chromebook 2」、使ってわかったこと

シンプルで軽快なChromeライフとは?

東芝のChromebook 2

アップルが明らかにした、USBポートが1つしかない新しいMacBook。4月10日の発売を前に、ユーザーからは「果たしてメインマシンとして利用できるのか」「価格が高い」「誰に向けた製品なのか」といった声も聞かれる。

筆者はMacBookを見た時、グーグルが生み出したChromebook(クロームブック)に対するアップルなりの答えではないか、という印象を持った。そのChromebookの本命と高い評価を得ているのが、東芝の「Chromebook 2」だ。米国のみで売られているこの機種と1週間過ごしてみたので、その様子をお届けしたい。

東芝「Chromebook 2」の特徴とは

東芝は米国のコンピュータ市場でも、信頼性の点で一目置かれる存在だ。特にノートブックのブランド力はまだまだ強いものがある。そんな東芝が米国市場に送り出したのが、グーグルのChrome OSを搭載した軽快なノートブックコンピュータ「Chromebook 2」だ。

名前からもわかるとおり、同社のChromebookとしては2作目となるこの製品は、1.3kgのボディに13.3インチのHDディスプレイ(1366x768ピクセル)あるいはフルHDディスプレイ(1920×1080ピクセル)を搭載し、Chromebook体験を非常に高いスタンダードへと引き上げた。しかも価格はそれぞれ249.99ドルと329.99ドル。ディスプレイのクオリティを考えると、非常にお値打ち感の高い製品と言える。

次ページブラウザだけが動くノートパソコン
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT