グーグル「クロームキャスト」の衝撃

4200円で「テレビでネット動画」を実現

世界最大のインターネット動画サイト「YouTube」(ユーチューブ)。1年に約3億5000万本もの動画を集め、約60カ国で10億人以上が視聴している。近年はスマートフォンやタブレットといった簡単に操作できるモバイル端末の普及も手伝って、大人に限らず、小さな子どもやお年寄りなど幅広い年代からも親しまれるようになってきた。

そのYouTube動画を、自宅の大画面テレビに映して楽しむにはどうしたらいいだろうか。これまでは高価な機器の購入や、複雑で面倒な設定や操作が必要な場面もあった。ただし、それも“過去の話”となりそうだ。

ワイファイでテレビに送信

米グーグルは5月27日、「クロームキャスト」(Chromecast)と呼ぶまったく新しいデバイス(機器)を、同28日から日本で発売すると発表した。スマホやタブレット、パソコンなどネットに接続できる端末と連動して、動画や音楽、映画、ゲームなどのネットコンテンツを、テレビで簡単に映し出せる。価格が税抜きで4200円という手頃な設定なのも特徴だ。グーグルプレイやアマゾンなどのネット通販のほか、ヤマダ電機グループ、ビックカメラグループなどの家電量販チェーンを通じても販売する。

クロームキャストは、手のひらに収まるくらいの大きさで、無線LANによりネットに接続するWi-Fi(ワイファイ)環境で使う。実際にはクロームキャスト自体がネットに接続して、動画や音声などのデータを受信しながら同時に再生する「ストリーミング」ができる機能を持っている。

次ページHDMI端子に差し込むだけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT