早くも3代目、「Surface Pro3」の意外な実力

初のフルモデルチェンジで方向性が明確に

マイクロソフト・コーポレート・バイス・プレジデントでSurface部門トップを務めるパノス・パネイ氏

マイクロソフトは5月20日、米ニューヨーク市で第3 世代となる独自パーソナルコンピュータ「Surface(サーフェス)Pro3」を発表した。

米国では5月21日から予約が開始され、6月20日に一部モデルを除き出荷を開始。高性能版など一部は8月からの出荷だ。

日本を含む26カ国でも、8月末までに販売が開始される見込みだ。価格はベースモデルが799ドルで、高性能プロセッサと大容量(512ギガバイト)SSD搭載の最上位モデルが1949ドルという設定だ。

ハードとクラウドの統合を具現化

と、ここまではカタログの紹介。次にマイクロソフトの経営戦略に触れながら、第3世代の意味合いを考えていこう。

Windows 8投入と同時に始まったSurfaceシリーズは当初、「マイクロソフトが描くWindowsを用いたタブレット端末像」を具現化するためのハードウェアだった。これは現在でも変わらないが、第3世代製品ではマイクロソフト全体の戦略との統合が図られており、マイクロソフトが提供するアプリケーション、サービスとハードウェアの統合が強く意識されている。

すなわち”Windowsを基礎とした新たなパソコン利用モデルの提案”という、Surfaceシリーズに与えられた当初の役割を”デバイスとサービスの会社”となった現在のマイクロソフトに合わせて微調整し、今後、進むべき(とマイクロソフト自身が考える)方向を示す製品となっている。この点は、第1世代製品の改良版だった第2世代製品と異なるポイントだ。

たとえば、256段階の筆圧検知が可能なペン入力機能には、クラウド統合型メモ帳アプリの「OneNote」が連動する。ペン側のボタンを押すと画面全体がメモに切り替わり、ササッと入力後にペンのボタンを再度押して終了すると、自動的にマイクロソフトのクラウド(One Drive)へとメモが格納される。ペン先と画面処理が改良されたため、表示面とペン先との視差が小さくなり、書き味が大きく改善されているという。

別のペンボタンを用いると、画面前後とも同じ品質の500万画素内蔵カメラが起動される。ペンボタンでレリーズを切り、その写真をペン操作で切り出した上でOneNoteでメモを書き込むといった一連の動作を流れるように行える━━。

これらはマイクロソフト・コーポレート・バイス・プレジデントでSurface部門トップのパノス・パネイ氏によるデモの一部である。各利用シナリオはSurface向けにマイクロソフトが作り込んだものだが、マイクロソフトの提供する基本ソフト、アプリケーションソフトなどに機能が反映されており、将来はさらに拡張された形でパソコンメーカーから登場する製品にも影響を与えていくだろう。

次ページマイクロソフトのゴールとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。