東芝「Chromebook 2」、使ってわかったこと

シンプルで軽快なChromeライフとは?

参考にしたい記事もPocketのウェブ版やEvernoteにアクセスして見つけることができるし、Googleドキュメントの文書編集機能も進化していて、執筆とプレビューのモードは重宝する存在になってきた。問題点は、日本語入力のスピードだ。ウェブ版のEvernoteやGoogleドキュメントに日本語入力をしていると、ワンテンポずつ文字の表示や変換が遅くなるのだ。

英語での入力は問題なかったが、日本語入力のこうした遅れはMacBook ProとジャストシステムのATOKとの組み合わせでは起きていなかったので、気になった。

プロセッサのスペックというよりは、Webアプリと日本語入力とシステムの組み合わせによるモノではないか、と推測している。あるいはOSのバージョンアップで解決するかもしれない。

結論:私はChrome化されていなかった

1週間、東芝Chromebook 2を持ち歩いて取材したり、仕事場や出先で原稿を書くなどの体験をしてきた。軽快に動作するブラウザ、ほぼ1日の仕事時間持つバッテリー、オンラインでなければならない使い勝手は、十分導入を検討できるレベルのものだった。

もしも、パソコンの用途のほとんどをウェブブラウザでこなせている人にとっては、Chromebookはいい選択と言えるだろう。特にGoogle Chromeを愛用している人にとっては、少ない投資で満足できるはずだ。

しかし筆者は、どちらかというとブラウザへの依存が最小で、専用のアプリを多用するスタイルでMacを利用している。

たとえば、テキストエディタはiA Writer Pro、ニュース収集はReeder 2、ブログエディタはMars Edit、プレゼンテーションはKeynoteといった具合に、気に入っているアプリを使っている。これらと比較すると、Chromebookを含むウェブ版は、ちょっとした気の利いた機能や、軽快な動作に欠けるという印象だ。

筆者のように、便利なアプリを愛用している人にとっては、これまでどおり、MacもしくはWindowsマシンを選ぶべきかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT