東芝「Chromebook 2」、使ってわかったこと

シンプルで軽快なChromeライフとは?

そもそも、Chromebookとは何か。グーグルの高速ブラウザ「Chrome」をご存じの方も多いだろうが、Chromebookは、簡単に言えば「ブラウザだけが動くノートパソコン」とイメージするといい。

そのかわり、価格が安く、動作が軽快で、バッテリーも長持ちする。東芝のChromebook 2もカタログ値で11.5時間のバッテリー持続時間を誇る。しかし、ブラウザだけ使えるマシンは、果たして有用なのだろうか。

グーグルネイティブ

Chromebookの初期設定は、Gmailアカウントを持っていれば、そのアドレスでログインするだけで終わる。基本的には、クラウド上にある自分のデータを活用する仕組みとなっているため、データのインストールなどの作業はない。

あとは、ウェブブラウザを開いて、インターネットを楽しめばいいのだ。もちろんYouTubeでビデオを再生することもできれば、Gmailでメールの読み書きもできるし、検索やニュースの閲覧もいつもどおりだ。

グーグルにはオンラインストレージ機能「Google Drive」や、ブラウザで文書編集ができるドキュメント、シート、スライドなども利用できる。また、「Googleハングアウト」を使えばビデオチャットも問題なくこなせる。グーグルが用意したサービスを快適に使いこなすことができるノートブックという印象だ。

グーグルのサービスの1つであるYouTubeでミュージックビデオを視聴する機会が増えてきたが、Chromebook 2での視聴は非常に質の高いものだった。

フルHDのディスプレイいっぱいに拡げて楽しむビデオは迫力があり、Skullcandyとコラボレーションしたスピーカーはしっかりとした低音が魅力だ。そして、手元にあるMacBook Proのように、放熱ファンがうなることもない。

後述のように専門ソフトはないが、ウェブブラウザで仕事や生活上のコンピューティングが片付く範囲であれば、快適な動作と本体の軽さ、バッテリー時間などが充分で価格が安いChromebookは、一考の価値がある。

次ページパソコンをどのように使用するか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT