ダイソンのDC61は「男の掃除機」だった

20分間、掃除に集中してみよう

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。 

 

今回は、昨年から愛用している掃除機、ダイソンDC61の紹介だ。ダイソンおなじみの衰えない強い吸引力と、バッテリー駆動を兼ね備えた小型のハンディクリーナーだ。

バッテリーはおよそ20分もち、付属するモーター駆動のヘッドを使う場合は13分使用できる。その他に、布地の掃除に最適なヘッドや、隙間ノズルなど、ヘッド類はきちんと付属してくるのでありがたい。

「どこにこんなたくさんのホコリがあったのだろう?」これはダイソンを初めて使う人は誰しもが口にする、とても月並みながら、やはり筆者も言わずにはいられないコメントだ。後述の普段使っている掃除機が吸い取るゴミと詳しく比較すると、DC61が集めるゴミが非常に細かいのが印象的だ。

ベッド用のハンディクリーナーとして購入

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトへジャンプします

この掃除機は、ベッド用という目的で購入した。米国の大きくてうるさい掃除機よりも手軽で小回りがきくハンディタイプで、吸引力が強いものということなどを条件にしていた。しかしベッド用クリーナーではなく、汎用性を評価した結果の選択だった。

「掃除機を愛用する」と自分が書くとは思わなかったが、明らかに掃除の頻度と細かさが増えるという変化があった。

次ページ1つ後悔していること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT