「データ量無制限」を自宅と出先で使うには?

通信環境をスッキリさせる、有力な選択肢

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

今回はWiMAX 2+ルーターを採り上げる。速度は向上しているものの、通信量・価格の条件はあまり変化がないスマートフォンの通信料金。MNVO(仮想移動体通信事業者)のいわゆる「格安SIM」にも注目が集まるが、スマートフォン本体の割引を考えると、簡単に選択できるとも言いにくい。

そこで、スマートフォンだけでなく、自宅や外出先でのパソコンのインターネットまでトータルで考えて、通信環境を見直してみてはどうだろうか。もし自宅や通勤経路、勤務先まで含めてエリア内であれば、UQ WiMAXの「WiMAX 2+」は検討の価値がある。

昨年から筆者は、WiMAX 2+のWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」を利用しているが、新たに発売された「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W01」を、UQコミュニケーションズから1週間お借りすることができたので、レビューをお届けしたい。

新生活に向けて、通信回線の見直し

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

筆者は米国と日本を行き来しており、SIMフリーのiPhone 6 PlusにSIMカードを差し替えながら利用してきた。つまり、日本には光などの固定回線がない状態だった。

以前は、日本で利用するときだけ、ドコモのXi回線にパケット通信プランをつけて利用してきたが、昨夏の新料金プランのみへの移行時から、旧料金プラン内での変更ができなくなってしまった。その上新料金プランへ移行すると料金が大幅に高くなるため、WiMAX 2+/WiMAXの通信に対応するNAD11を購入した。

次ページ「高速」「使い放題」が魅力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT