これ1つでiPhoneが「文書作成ツール」に

マイクロソフトのモバイルキーボード

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

マイクロソフトが3月6日にリリースしたBluetoothキーボード「Microsoft Universal Mobile Keyboard」。その名の通り、Windowsだけでなく、Android、iPhone/iPadのモードを切り替えて利用できる。

このキーボードをiPhone 6 Plusなどのファブレット(大型のスマートフォン)と組み合わせることによって、パソコンやタブレットを持たなくても、特に文字入力にたよるような作業、例えばメモやアイディア出し、原稿執筆の一部を行うことができるようになった。

スマートフォンをポケットに、キーボードを小脇に抱えて近所のカフェに出かけたり、公園のベンチで膝の上にキーボードを乗せてタイピングしたり。文字入力ができずにもどかしかった瞬間が消えていく感覚をぜひ体験してみて欲しい。

ちなみに、3月6日に日本語版が発売されるが、筆者は以前から米国で英語版を利用しており、今回のレビューは英語版で行っていることをご了承頂きたい。かなの刻印の有無と、キー配列の違いが中心で、機能面で大きな違いはない。

キーボードが必要な瞬間

iPhone 6 Plusを使い始めて、筆者はそれまでiPhoneと併用していたiPad miniをほとんど持ち歩かなくて済むようになった。iPadは、家でビデオ視聴やゲームを楽しむことはあるが、外出時にはほとんどiPhone 6 Plusで事足りるようになったからだ。

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします

しかしiPhone 6 Plusだけでどうしてもこなせないのが、取材やインタビューである。パソコンやiPadで話を聞きながらEvernoteアプリにメモを取るのが普段の取材風景だが、これらはキーボードがあるからできることだ。iPhoneだと、どうしても画面を確認しながらの入力になってしまう。

次ページiPhoneだけだと文書作成には不便
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT