「フルサイズでミラーレス」という新境地

ミラーレス一眼のα7Ⅱを使い倒してみた

一眼レフのフルサイズセンサー搭載機と比べても十分に軽く、小さなボディを備えることはもちろん、フルサイズセンサーならではの高感度での描写力や豊かな色味を生かすことができ、撮影に没頭できる追求するシリーズとなっている。

α7 IIは、シリーズ一番手で基本となったα7のセカンドモデル。センサーと画像処理エンジンの仕様は同じで、約2430万画素フルサイズ「Exmor CMOSセンサー」に画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載し、ISO25600の高感度撮影に対応する。

なお、α7に比べて140g重たくなり、奥行きも12mm大きくなっている。

ビシッと止まる手ぶれ補正

大型化、重量増加の中身は、マグネシウム合金の部材仕様が増えたことに加え、シリーズ初搭載の5軸手ぶれ補正機構が入ったことも影響する。

この手ぶれ補正は、検知した手ぶれに応じてイメージセンサーそのものを移動させる方式で、デジタルカメラの世界では、ミノルタα–7 Digitalに「Anti-Shake」として始めて搭載された。

片手でもブレずに撮影できる

現在のコニカミノルタからαブランドを引き継いだソニーは、「Steady Shot」という名称でこの方式の手ぶれ補正をα7 IIに搭載している。

オリンパスOM-D E-M5 Mark IIにも同様の手ぶれ補正方式が採用されていて、同様のことを感じたが、とにかく「ビシッとよく絵が止まる」という印象を受けた。

α7 IIでも、シャッターを半押しにしてピントを合わせた後、シャッターを押し込むまで、のぞき込んだファインダーの中の画像が微動だにしない。少し左右に動くと、その動きもぎこちないほどに止まっている。

あまり好ましいことではないかもしれないが、時々とっさのことで、片手でシャッターを切ることもある。たとえば記者会見で、パソコンでメモを取りながら場面場面を撮影する際も、両手でしっかり構えての撮影、とはなかなかいかない。

そういうときでも、ミスショットなく撮影を続けていくことができる、そんな感触をすぐにつかむことができた。

次ページシャッターボタン、グリップしやすさは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT