これがAppleWatchにピッタリのヘッドホンだ

ワイヤレスで装着感が心地いい!

Apple Watchにピッタリと来るワイヤレスヘッドホンだ
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

今回は、アップル傘下となったBeats Electronicsのスポーツ向けヘッドフォン、PowerBeats 2 Wirelessをご紹介する。ジョギングなどのスポーツをしながらの使用にぴったりな製品だ。

軽さと耐久性を両立

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

音楽の好みが人それぞれに分かれているように、音楽を聴くための道具であるスピーカーやヘッドフォンも、様々な好みに左右される製品だ。例えば、より正確に音を再現して欲しい、臨場感を感じたい、より強い低音や高音のメリハリが欲しい、など。聴く音楽の傾向と音の好みで、製品を選ぶとしっくりくるのだが、その一方で、機能で選ぶという選択肢を、PowerBeats 2 Wirelessから感じさせてくれる。

PowerBeatsシリーズは、スポーツやエクササイズを楽しみながら使うために作られた、機能性のオーディオ製品と言える。NBAのレブロン・ジェイムス選手が監修し、スポーツシーンで使うための仕様を盛り込んでいる。

特にPowerBeats 2 WirelessはBluetooth接続で、スマートフォンなどの音楽プレイヤーとの間にケーブルは必要ない。それだけ、身につけるモノを少なくすることができる。その上、本体は、バッテリーを搭載していながら非常に軽い。

また、スポーツで使う機器の大敵は汗だ。イヤーパッドからケーブルに至るまで、IPX4、すなわち水滴の飛沫に耐える生活防水の性能を備えて対応している。耳に入れるイヤーパッドなどにも、汗に強い素材が採用されているという。こうした軽さ、ワイヤレス性能、耐久性は、安心して選ぶことができる機能といえる。 

次ページ快適で確実なかけ心地
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT