iPad用スタイラスペンは、ここまで進化した

素早くアイディアをスケッチ

iPad向けのスタイラスペン「FiftyThree Pencil」。ペン先と指を判別し、描いたものを指先でぼかすこともできる。写真はゴールドモデル

今回は、iPad向けのスタイラスペン「FiftyThree Pencil」をご紹介する。同じくFiftyThreeがリリースする「Paper」というアプリと組み合わせることで、アイデアスケッチから本格的なイラストレーションまでを、筆のようなタッチを再現して楽しむことができる。

ペンの代わりにスタイラスを何本か持つようになる?

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

本スマートレビューでは、すでにスタイラスを紹介している。しかし、スタイラスにも、いろいろな個性がある。おそらく今後も優れたスタイラスを紹介していくことになるはずだ。

筆記具としての普通のペンは、好みや太さ、機能性などのさまざまな要素があり、ペンケースには複数本入っているのが普通だろう。タブレットがデジタルデバイスではなく、筆記具のような位置づけになればなるほど、スタイラスも1本だけでなく、複数を持ち歩くようになることが考えられる。

「FiftyThree Pencil」を位置づけるなら、デッサン用のスタイラス、といったところだろうか。幅広いデッサン鉛筆のように幅が広く平べったい軸。本物の鉛筆のような、木製のモデルも用意されているこだわりぶりだ。ペン先はさほど鋭くなく削られており、先端には圧力感知機構が備えられる。また、デッサンに必須な消しゴムのような、平らなスタイラスも、ペンのお尻に入っている。

次ページ充電の手軽さも魅力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT