iPad用スタイラスペンは、ここまで進化した

素早くアイディアをスケッチ

iPad向けのスタイラスペン「FiftyThree Pencil」。ペン先と指を判別し、描いたものを指先でぼかすこともできる。写真はゴールドモデル

今回は、iPad向けのスタイラスペン「FiftyThree Pencil」をご紹介する。同じくFiftyThreeがリリースする「Paper」というアプリと組み合わせることで、アイデアスケッチから本格的なイラストレーションまでを、筆のようなタッチを再現して楽しむことができる。

ペンの代わりにスタイラスを何本か持つようになる?

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

本スマートレビューでは、すでにスタイラスを紹介している。しかし、スタイラスにも、いろいろな個性がある。おそらく今後も優れたスタイラスを紹介していくことになるはずだ。

筆記具としての普通のペンは、好みや太さ、機能性などのさまざまな要素があり、ペンケースには複数本入っているのが普通だろう。タブレットがデジタルデバイスではなく、筆記具のような位置づけになればなるほど、スタイラスも1本だけでなく、複数を持ち歩くようになることが考えられる。

「FiftyThree Pencil」を位置づけるなら、デッサン用のスタイラス、といったところだろうか。幅広いデッサン鉛筆のように幅が広く平べったい軸。本物の鉛筆のような、木製のモデルも用意されているこだわりぶりだ。ペン先はさほど鋭くなく削られており、先端には圧力感知機構が備えられる。また、デッサンに必須な消しゴムのような、平らなスタイラスも、ペンのお尻に入っている。

次ページ充電の手軽さも魅力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。