電池6カ月持続!「活動量計の真打」が表れた

アップル元CEOが設立したMisfitの自信作

数多くある活動量計の中で、もっとも納得感ある商品のひとつだ

3年ほど前から話題となり、徐々にカテゴリとして定着しつつあるウエアラブルデバイスのジャンルがある。”活動量計”だ。

最初に話題になったのはナイキのFuelbandという製品だった。その日一日の運動を加速度計などから計測しておき、その履歴を評価してスコアを計算。”運動すること”を数値化し、ウェブサービス上で成果を見せたり、目標達成をゲーム化するというものだった。

このFuelbnandのアプローチとは別に、JAWBONEというBluetoothヘッドセットで知られた会社が開発したのがUPという製品。こちらは極めて高い装着感と存在感を主張しないバンドとしてデザイン。日常生活や睡眠を記録し続け、健康管理に役立てるという新しい分野を確立させた。

さまざまな種類のデバイス

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

これらの製品はクラウド型サービス、スマートフォンを用いることにより、比較的単純なハードウェアで実現できることから、たくさんの類似商品が生まれてきた。海外では”フィットネストラッカー”と呼ばれるこれらの製品は、液晶ディスプレイを持つリッチなユーザーインターフェイスを備えるものから、まったくボタンを備えないものまで多様だ。

筆者もこれまで10種類を下らない製品を試してきたが、今回紹介するMisfitのSHINEは、数多くある活動量計の中で、もっとも納得感ある商品のひとつだ。下位モデルにほぼ半額のFlashもあるが、SHINEを取り上げているのは、筆者自身が使って納得しているためである。

数ある中からSHINEを気に入っている理由は、大きくは四つある。

次ページSHINEが優れているポイントは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT