iPhone、iPadに最適な「急速充電器」とは?

大量ガジェット時代のマストアイテム

Anker USB 急速充電器、ボディーカラーは黒と白がある(上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

スマートフォンはハイテクデバイスとして、あるいはパーソナルコンピュータの新しい形として普及し、今やビジネスからプライベートまで、生活の中にしっかりと溶け込むほどの存在になってきた。

こちらは白バージョン

さらに昨今、”モノのインターネット”と呼ばれるコンセプトが拡がり、スマートフォンを中心点としてさまざまな機器が、スマートフォンを通じてインターネットのパワーを活用するようになってきている。

結果として、我々の身の回りを多数のガジェットが取り囲んでおり、その多くは充電式のバッテリーで動作する。しかも大多数はUSB端子を電源としている。ということで、モバイルバッテリー市場の成長と多様化が進んできた。

複数ポートの急速充電器

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

長い前口上となったが、Ankerは複数のUSBポートを持つコンパクトでシンプルなデザインの急速充電器を用意している。Ankerが発売した急速充電器の大ヒットによって、今ではよく似た製品も増えてきているが、その中にあってAnkerはいまだに定番の位置にある。

Anker USB 急速充電器には、USBポート数と供給できる電流量の違いからいくつかのバリエーションがあるが、今回紹介するのは6ポート/60ワットという、同シリーズの中の特徴的な製品だ。

次ページ世界中どこに持ち込んでも使うことができる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT