「ノートパソコン」をデスクで姿勢よく使おう

ノートパソコン用デスクスタンドの実力

ノートパソコン用デスクスタンド「Rain Design mStand」を使用した筆者のデスク

今回は、筆者も長年愛用しているノートパソコン用デスクスタンド「Rain Design mStand」をご紹介する。

この製品はアルミニウム製で、ちょうどアップルのiMacのスタンド部分を彷彿とさせるシンプルな構造だ。ただしその上にはディスプレイはなく、ノートパソコンを傾斜させて設置できるトレーになっている。

上の画像をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

ここにノートパソコンを置いてディスプレイを開き、デスクと90度の角度に合わせると、ちょうど視線の目の前にディスプレイが拡がるのだ。

トレーがデスクに対して水平ではない理由は、設置してパソコンを開いた際、ディスプレイと本体の角度が90度になってしまうと、やや狭苦しい印象を受けることも、その理由と言えるだろう。

このスタンドは、シリコンバレーでもよく見かけるもので、支給している企業もあるという。「デスクでもノートパソコン」が当たり前となった昨今、mStandの効果について3点ご紹介しよう。

視線が上がり、背筋を伸ばして作業しやすくなる

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

ノートパソコンはディスプレイとキーボードが一体型になっており、省スペースで持ち運びもできる。一昔前は性能面を気にする場面もあったが、オフィスワークで使う分には、ノートパソコンで力不足を感じることはほとんどなくなった。

そんなノートパソコンをデスクに置いて使っている場合、どうしても視線はつねに下向きになる。始めは姿勢を正して、あごだけ引いて作業を始めるのだが、時間がたつにつれてだんだん背筋が曲がり、前屈みになり、ハッと気づくのだ。

慌てて姿勢を正すが、また作業に集中していると同じような悪い姿勢になっていく。その繰り返しの結果、1日の仕事が終わると、背中から首にかけての疲労感がどっぷりと残ってしまう。

次ページ仕事中、集中していてもよい姿勢が保てる
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。