Windows10対応ネットブックを選ぶなら?

スタミナ・携帯性とも抜群で、しかも安い

Windows 10対応ネットブックを選ぶなら?スタミナ、携帯性ともバツグン
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

筆者は普段からMacを主たるマシンとして使用してきたが、金融機関へのアクセスなどのためにWindowsマシン(というよりはInternet Explorer)が必要になることがたびたびある。

画像を拡大
そつないデザイン、17.5mmという薄さ、軽さ、静かさで充分なパフォーマンスを備えた1台だ

いよいよ回避できなくなってきたので、Windowsマシンを1台、手に入れた。それが今回ご紹介するAsus EeeBook X205TAだ。ダークブルー、ホワイト、レッドの3色展開の中から、筆者はレッドを選択した。

Amazonで3万円ちょっとで購入することができ、Windows 10への無償アップグレードに対応するWindows 8.1 with Bingを搭載しているため、最新OSをいち早く試すこともできる。

そつないデザイン、17.5mmという薄さ、軽さ、静かさ、充分なバッテリー持続時間、そしてブラウジングや動画視聴に十分なパフォーマンスを備えた1台だ。価格に対しては、期待以上、と結論づけることができる。

Intel Atomプロセッサは必要十分

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

Asus EeeBook X205TAは、11.6インチのディスプレーを備え、980gという軽さを実現したWindows搭載ネットブックだ。そもそもネットブックというカテゴリは、Asusのパソコンを市場に広く紹介するのに一役買ったこともあった。

ブラウザを中心とした作業を行った際、動作は非常に軽快なものだった。ターゲットはブラウザを主体にパソコンを利用するライトユーザー。筆者の用途も、ブラウザや認証ソフトを使った金融機関へのアクセスという点で、ライトユーザーの範疇に含まれるものだと考えられる。

しかしライトユーザーであっても、動画や音楽を視聴するし、ゲームもプレーするし、メールやワープロをこなし、ビデオチャットも行う。実際のビデオ視聴や、音楽を再生しながらブラウザでのドキュメント編集などを行ったが、いずれもストレスなくこなしてくれた。

プロセッサにはクアッドコアで1.33GHz駆動のIntel Atomを採用し、ファンレス構造で、静かに動作する。またフラッシュストレージとしてeMMC 64GBを搭載し、ファンレスのプロセッサとともに静かさを極めている。

次ページインターフェイスはどうなのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT