「iPad Air2」が扱いやすくなるケースの秘密

純正カバーとのマッチングがすごい

iPad Air 2を優しく包み込み、実用性も高いケース
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

純正カバーとのカラーマッチングも正確だ。上の画像をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

iPad Air 2は、「次のモデルはどうするのだろう」と心配になるほど薄さを極め、高速に動作するタブレットだ。このタブレットを優しくスタイリッシュに包み込み、実用性を高めたのがAndmeshの「Mesh Case for iPad Air 2」だ。

iPadをキズから守り、持ちやすく、純正のカバーとのカラーマッチングも正確に行われたこの製品は、長く使う傾向にあるモバイルデバイスであるiPadを、安心して使い続けるにはぴったりのケースといえる。

エラストマーと立体的な加工を生かしたプロダクト

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

Andmeshブランドは、DAQが手がけている。岐阜のアパレルブランドとして出発し、日本製の素材と製造にこだわり、数万円から10数万円という高級ジュラルミンiPhoneケースシリーズ「Squair」で海外からの注目を集める存在となった

AndmeshはSquairで培った加工や製品作りのノウハウを生かし、誰でもが日本製のiPhoneケースを利用できるブランドとして、Squairでも特徴的だったメッシュ加工をエラストマーに施したiPhoneケースをリリースした。

iPhone背面のAppleロゴに向かって穴のサイズを変化させるメッシュのデザインや、サイドのボタンの押し心地を向上させる加工など、非常に緻密なデザインと加工は、ドイツの『レッドドット・デザイン賞』を、iPhone 6 Plusのケースとして初めて獲得するなど、海外を中心に高い評価を集めている。

次ページ純正カバーを強力にキャッチする仕組み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。