「iPad Air2」が扱いやすくなるケースの秘密

純正カバーとのマッチングがすごい

iPad Air 2を優しく包み込み、実用性も高いケース
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

純正カバーとのカラーマッチングも正確だ。上の画像をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

iPad Air 2は、「次のモデルはどうするのだろう」と心配になるほど薄さを極め、高速に動作するタブレットだ。このタブレットを優しくスタイリッシュに包み込み、実用性を高めたのがAndmeshの「Mesh Case for iPad Air 2」だ。

iPadをキズから守り、持ちやすく、純正のカバーとのカラーマッチングも正確に行われたこの製品は、長く使う傾向にあるモバイルデバイスであるiPadを、安心して使い続けるにはぴったりのケースといえる。

エラストマーと立体的な加工を生かしたプロダクト

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

Andmeshブランドは、DAQが手がけている。岐阜のアパレルブランドとして出発し、日本製の素材と製造にこだわり、数万円から10数万円という高級ジュラルミンiPhoneケースシリーズ「Squair」で海外からの注目を集める存在となった

AndmeshはSquairで培った加工や製品作りのノウハウを生かし、誰でもが日本製のiPhoneケースを利用できるブランドとして、Squairでも特徴的だったメッシュ加工をエラストマーに施したiPhoneケースをリリースした。

iPhone背面のAppleロゴに向かって穴のサイズを変化させるメッシュのデザインや、サイドのボタンの押し心地を向上させる加工など、非常に緻密なデザインと加工は、ドイツの『レッドドット・デザイン賞』を、iPhone 6 Plusのケースとして初めて獲得するなど、海外を中心に高い評価を集めている。

次ページ純正カバーを強力にキャッチする仕組み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT