AppleWatch、使って3日目に分かったこと

要するに「iPhoneとの付き合い方」が変わる

筆者のApple Watchはステンレススチールのスタンダードモデルだ

4月24日に、Apple Watchが発売された。店頭のわずかな在庫を用意していた店舗もあり、多少の行列ができた。とはいえ、大半はオンラインでの予約販売だったこともあり、アップル製品にしては落ち着いた発売となった。

Apple Watchは同社初のウェアラブルデバイスでiPhoneと連携するスマートウォッチに分類される。アルミニウムのApple Watch Sport、ステンレススチールのApple Watch、18金ゴールドのApple Watch Editionと、3つの素材で作られた同じデザインの腕時計だ。

サイズは38mmと42mmの2つのサイズ、そして様々な表情を見せる交換バンドのコレクションが用意され、価格は米国では349ドルから、日本円は円安の影響もあり、4万2800円から(税抜)とやや割高に感じられる。

アップルらしからぬ多彩な選択肢

iPodは、結果的にファッションアイテムになった。特にあの白いイヤフォンは、それまで黒ばかりだったオーディオケーブルの常識を一新すると同時に、街で見かけると「iPodで音楽を聴いている」ということが周囲に瞬時に伝わるというメリットもあった。

しかしApple Watchは、2つのサイズ、3つのコレクションとこれに十数種類のバンドの組み合わせがあり、今までの1モデル1デザインだったプロダクトとは一線を画している。今までは、「iPhoneやMacを買うかどうか」という判断だったが、Apple Watchはその次に「どれを買うか」という選択が待っている。

次ページバンドで個性を表現できる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT