AppleWatchは「iPhoneからの出口戦略」だ

iPhoneと連動せずに動くアプリに注目

こちらが「AppleWatch Sports」

アップルはApple Watchを4月10日から予約を開始し、Apple Storeに加えて世界各国の選ばれた高級スーパーでの展示を始め、4月24日に発売する予定だ。
すでにさまざまな報道があるので、価格を軸にサマライズしておこう。購入を検討する場合に、ここがもっとも注目されるポイントのはずだ。

最安値モデルは4万2800円

アルミニウムケースを用いたカジュアルモデルの「Apple Watch Sports」は、エラストマーのスポーツバンドが付属しており小型の38mmモデルが4万2800円(税別、以下同じ)。これが最安値だ。

フラッグシップモデルである「Apple Watch」は、スポーツバンドとの組み合わせで38mmモデルが6万6800円、42mmモデルが7万1800円となる。レザー、リンクブレスレットなど、バンドに応じて11万9800円までの価格幅がある。ブラックステンレススチールを用いたモデルはリンクブレスレットのみが設定され、38mmモデルが12万6800円、42mmモデルが13万2800円だ。

高級感のある「Apple Watch Edition」は、専用バックルを備えたスポーツバンドとの組み合わせが38mmモデルで128万円、42mmモデルが148万円。最高価格になるのは18金38mmとモダンバックルを組み合わせたもので218万円におよぶ。アップル史上、もっとも高価なガジェットだ。バリエーションの多さという点でも、アップル史上最多といえる。

次ページバンドは5800円から5万4800円まで
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT