AppleWatchは「iPhoneからの出口戦略」だ

iPhoneと連動せずに動くアプリに注目

付属品の価格もみておこう。交換バンドはスポーツバンド各色が5800円、レザークラシックバックル・レザーループ・ミラネーゼループが1万7800円、レザーのモダンバックルが3万0800円、リンクブレスレットが5万4800円である。

バッテリーは1日(18時間)が目安。これは、時刻チェック90回、アプリ利用45分、音楽を再生しながらのワークアウトを30分間行ったとした場合の持続時間だ。連続通話は最大3時間、オーディオ再生は最大6.5時間、ワークアウトは最大6.5時間、時刻チェックのみの使用で最大48時間、省電力モードに切り替わると最大72時間の時刻表示に対応する。

使い倒すのであれば頻繁な充電が必要になる。Apple Watchマグネット式充電ケーブルを追加で購入するならば、1mケーブルが3500円、2mが4500円だ。

iPhoneとは異なり、「通信キャリアとの2年契約による買い求めやすさ」はない。価格面では、少なくともiPhoneとの比較で、かなりハードルの高い買い物といえる。

Apple Watch単体で動作するアプリも多い

機能面はどうか。Apple Watchは、iPhone 5以降と組み合わせて利用する。ポケットやカバンにiPhoneが入っている前提で、iPhoneにかかってきた通話や届いたメッセージ、FacebookなどのSNSの通知を伝えたり、iPhoneのカメラのシャッターを切ったり、ということができる。

Apple Watchには、数々のスタンドアロン、すなわちiPhoneなしで利用できる内蔵アプリケーションや機能の数々が用意されている。時計関連の機能、音楽再生、カレンダー、アクティビティ、ワークアウトなどのアプリが用意され、Apple Payでの支払いも可能だ。

筆者が注目したのは、これらのiPhoneがなくても利用できる機能についてだ。現在はAppleが用意するアプリケーション中心だが、Apple Watchだけで完結するアプリの充実は、現在、腕時計をしていない人がApple Watchに魅力を感じる可能性を拡げることになる。

次ページどのような使い方が想定できるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT