AppleWatchは「iPhoneからの出口戦略」だ

iPhoneと連動せずに動くアプリに注目

もしも今現在腕時計を使っていないとすると、時計ですら、iPhoneなどのスマートフォンに頼って知っていたことになる。もちろん1台ですべてまかなうというのもシンプルな一方、スマートフォンを手にする動作は、今自分がやりたいことを中断するきっかけにもなる。

時間を知ろうと時計を眺めたときに、SNSの書き込みやLINEのメッセージが届いていたら、ついこれらに目を通して返事をしてしまう。もしもFacebookのニュースフィードを開いてしまうと、平気で5〜10分間が経過する。
本を読んでいたとしたら、ただ時間を知ろうとしただけなのに、読書が中断されることになる。

あるいはウォーキングやランニングに行く時。エクササイズを記録し、音楽を聴きながら楽しみたいと思うと、今まではポケットにiPhoneを入れていくことになる。ポケットでは邪魔、という場合は腕にバンドで巻き付けるなどのアクセサリが必要だった。

Apple Watchは、こうしたスポーツの記録に加えて、音楽再生も可能だ。1つのプレイリスト、2GBまでの音楽を入れることができ、BluetoothワイヤレスイヤフォンでApple Watchから直接聞くことができる。

iPhoneがなくても、かなりのことができる

また、Apple Payを利用すると、財布もiPhoneも持たずにランニングをしても、コンビニで水を買うことができる。iPhoneによって便利になった生活を、Apple Watchによってより目的に近づける、そんな効果を期待できる。ただしApple Payは日本でのサービスが始まっていない。

Apple Watchは前述の通りiPhoneと組み合わせて利用するスマートウォッチだが、面白いことに、iPhoneから離れる時間を演出してくれる存在でもあるのだ。単体アプリの充実は、いくつかの機能をiPhoneから引きはがすことになるだろう。

次ページiPhone充電中にiPhoneから離れられる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT