サムスン、腕時計端末新機種の投入を示唆

アップルに対抗して「Gear」を刷新

 4月24日、サムスン、腕時計型端末「ギア」新機種投入を示唆

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国サムスン電子は24日、公式ブログに新型の腕時計型端末の写真を掲載し、「Gear(ギア)」の新機種を投入する可能性があることを示唆した。この日は米アップルが「アップルウオッチ」の発売を開始している。

サムスンが写真を掲載した腕時計型端末は、情報を表示する文字盤に当たる部分が円形になっており、同社としては初めてのデザインとなる。

サムスンは新型端末のパートナー企業として、中国ネット検索大手の百度(バイドゥ)、飲食店などの検索・評価サイトを手掛ける米イェルプのほか、米CNNなど数社を挙げているが、発売時期など、詳細については明らかにしていない。

サムスンは2013年以来6機種の腕時計型端末を投入。ただ販売状況は思わしくなく、調査会社IHSの推計によると、2014年の世界全体の腕時計型端末販売個数360万個のうち、サムスン製は約100万個だった。

IHSはアップルがこの日に販売を開始した「アップルウオッチ」について、2015年の出荷は1900万個を超えると予想している。

*カテゴリーを変更して再送します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT