「腕時計型デバイス」はけっこう使えるかも

デザインは野暮ったいけどハイテクなガジェット

5.7インチ画面の「GALAXY Note3」(左)と腕時計型デバイスの「GALAXY Gear」(右)

 

9月にアップルが発表したiPhone5sはCPUの高速化、指紋認証機能以外には、機能面で大きな革新をみせることはなかった。これには世界中のアップルファンが、少しがっかりしたはずだ。ウワサされていた腕時計型デバイス「iWacth」への言及もなかった。

それに対し、アップルのライバル、サムスン電子は同じ9月に新味のあるデバイスを発表している。それがグーグルの最新OSである「Android(アンドロイド)4.3」を搭載した「GALAXY Note (ノート)3」と、アンドロイド4.3専用の腕時計型端末「GALAXY Gear(ギア)」だ。

ノートのディスプレイサイズは約5.7インチもあり、スマートフォンとタブレットの中間に位置する、いわゆる「ファブレット(フォーンとタブレットの造語)」と呼ばれる端末である。

ノートの最大の特徴は、ペンタッチ入力を基本としていること。ペンタブレットメーカーであるワコムが製造する専用の収納式タッチペンが付属しており、これを使うことで、手書き入力などができる。日本では従来からノートを扱っていたNTTドコモに加え、KDDIも販売する。10月下旬以降に発売される予定だ。

見た目はゴツイがけっこう軽い

そして今回のモデルの目玉は、アンドロイド4.3専用の腕時計型デバイス、ギアと連携できること。ぱっと見た目にはごついオモチャのようだが73.8グラムと、かなり軽いため装着感があまりない。ノートと連携することにより、いろいろなことができる。

次ページGALAXY Gearの実用性は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT