ソニーが最新スマホに込めた「秘伝のたれ」

「カメラの視点から」再定義

ウナギの蒲焼きを引き合いに、「秘伝のタレ」について語るクリエイティブディレクターの黒住吉郎氏

9月4日、ソニーはドイツの家電見本市「IFA2013」で、スマートフォンの新製品「XperiaZ1」を明らかにした。13日、日本でもタッチ&トライイベントを開催。「カメラからスマホを再定義する」をテーマに、Z1に込められたソニーの技術の数々を紹介した。

レンズにはサイバーショットシリーズで培ったソニー独自の「Gレンズ」を採用。高級コンパクトデジカメ並みの20メガピクセル、2.3分の1インチ(通常は3分の1インチ)のCMOSイメージセンサーを採用し、暗いところでも鮮やかに撮れる。「ソニーにはサイロがあったが、ワンソニー(1つのソニー)ということでさまざまな技術をしっかり持ち寄った。秘伝のタレを惜しみなくつぎ込んだのが、今回のZ1だ」と、UX(ユーザーエクスペリエンス)を統括するクリエイティブディレクターの黒住吉郎氏は強調した。

ソニーならでは、という「秘伝のタレ」は、画像や音声処理などさまざまな場所に使われている。外観デザインにも徹底的にこだわり、完成度の高い製品となったことは間違いない。「Z1はソニーのフラッグシップ。同時に、あまたあるスマートフォンの中で、抜きん出たフラッグシップになることも目指した」とソニーモバイルの鈴木国正社長は自信を見せた。

「なるべく多く売っていきたい」

ソニーは2013年度にスマホを4200万台販売する見通しを明らかにしている(前期は3300万台)。この目標を達成できるのかを尋ねると、「国ごとの数字などはキャリアーとの関係もあり明らかにできないが、なるべく多く売っていきたい」(鈴木社長)と応じた。

実は、ソニーグループにとってスマホの重要性は、これまで以上に増している。ソニーはスマホに食われる製品をたくさん持っているのだ。たとえばビデオカメラの今期販売見通しは250万台(前期370万台)、デジカメは1250万台(前期1700万台)、パソコンは620万台(前期760万台)、携帯ゲーム機は500万台(前期700万台)という具合だ。主力製品が軒並み急減していく。そうした中で、スマホの台数成長に全社の命運が掛かっているといっても過言ではない。

次ページ厳しい競合関係に打ち勝つには?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT