ソニーが最新スマホに込めた「秘伝のたれ」

「カメラの視点から」再定義

Z1を手にする鈴木国正・ソニーモバイル社長(中央)

ソニーモバイルは高級機からミドルクラスまでをラインナップしており、まずは中国を除くアジアと欧州でのシェア拡大を目指している。その後は、中国や米国でもシェアアップを図り、「確固たる世界シェア3位」(鈴木社長)の早期達成を狙う。

しかし、ライバルは多い。現状はサムスン、アップルに続くメーカーはLGエレクトロニクス、レノボ、ZTE、ファーウェイだ。特に中国メーカーの躍進が著しい。黒住氏は「携帯電話の新しい技術の発信地といえば2002年の時点ではi-modeの日本だった。その後、欧州に主力が移り、今はアップルやグーグルなどが全盛。それに加えて、中国の重要性も増している」と指摘する。

強みをもっと強く、「奇策はない」

「中国のオッポ、シャオミーなどの新興メーカーは侮れない。レノボ、ファーウェイなどもしっかりとした製品を作っていると思う。そうした中で3位を目指すのは容易ではない。奇策はないので、デザイン、テクノロジ、小型化といったこれまでの強みをもっと強くしていきたい」(黒住氏)。

注目されるのが周辺機器だ。ソニーは周辺機器として円筒型カメラ「DSC-QX10」「DSC-QX100」を発売するほか、ウェアラブルデバイスのウォッチについては他社に先行している。こうした機器はソニーのスマホ専用機ではなく、幅広いスマホに対応している。まずは特徴のある周辺機器を幅広いユーザー層に利用させることにより、ソニーブランドを輝かせる「ヘイロー効果(際だった特長に引っ張られて、高い評価を与える認知バイアスのこと)」を狙うべきかもしれない。

つまり、優れた周辺機器を売り込むことで、Xperiaに振り向かせる作戦だ。具体的には、画素数が8メガピクセルに過ぎないiPhone5sに「DSC-QX10」「DSC-QX100」を取り付けるように宣伝をしていけば、結果的に、Xperiaにあこがれを持つユーザーが増える可能性はある。

ドコモがiPhoneの取り扱いを始めるほか、新興国市場にはアップルも力を入れ始める。競争環境が複雑化する中で、独自の個性を発揮し続けることができるか。それが「シェア3位」達成のカギを握っている。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT