サムスン「ギャラクシーS4」、日本攻略の成算

李英熙・副社長に聞く

世界最大のスマートフォンメーカーである韓国サムスン電子。同社のフラッグシップモデル、「ギャラクシーS」シリーズの最新機種「S4」が5月23日、日本でも発売となる。
サムスンは3月14日に米国ニューヨークでS4を初披露。その後、ワールドツアーと銘打って、4月中旬以降、世界主要都市でS4の発表イベントを開催してきた。4月16日 ロンドン、17日モスクワ、18 日香港、23日シドニー、23日イスタンブール、25日ソウル、ニューデリー、ヨハネスブルク、4月30日にはリオデジャネイロ、といった具合にだ。
そして、最終開催地となったのが、東京である。5月16日、東京・日本橋で発表イベントが開かれた。サムスンは今後、日本市場をどう攻略する算段なのか。ワールドツアーに合わせて来日した無線事業マーケティング部門の李英熙(イ・ヨンヒ)副社長に、日本におけるシェア拡大戦略を聞いた。

――S4の話の前に、昨年4月に日本で発売した「ギャラクシーノート」についてお伺いします。この1年をどう評価していますか。

日本は非常に難しいハイレベルな市場です。競争構造がグローバルマーケットとは違う。サムスンとしては、チャレンジングなマーケットだと認識しています。これまでのところ正直言って、苦戦しています。

サムスンが昨年、日本で発売した「ギャラクシーノート」

ただ、米国では一定の地位を確立しています。先日ニューヨークに行って、『華麗なるギャツビー』の試写会に出席し、いろいろなセレブリティに会いました。主演のレオナルド・ディカプリオ、監督のバズ・ラーマン、そして有名な歌手であるトニー・ベネットがギャラクシーノートを使っていました。単に持っているだけではなく、絵を描くなどして使いこなしています。一度好きになると、マニアのレベルになるまで夢中になる人が多いのがこの製品の特徴だと思います。

次ページ新しいカテゴリーを作った?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT