ソニーのスマホ、どう巻き返す?

就任から10カ月目。平井一夫社長を直撃

パナソニック、シャープは2013年3月期も巨額最終赤字を計上する。それとの比較では、今期最終黒字見込みのソニーは堅調なように見えるから不思議なものだ。

しかし、ソニーは09年3月期以降、4期連続の最終赤字に苦しんできた。主柱であるテレビが12年3月期まで8期連続の赤字、今期も赤字である。それだけでなく、エレクトロニクス事業は全般に苦戦しており、安定収益源と言えるのは独自のCMOSイメージセンサーを擁するデジタルイメージング部門くらいのもの。かつてエレクトロニクスとならぶ柱だったゲームも冴えない。

タブレット、スマートフォン(スマホ)など急成長分野に乗り遅れているためであり、韓国のサムスン電子、米国アップルなどに業界リーダーの座を奪われてから久しい。テレビ用のパネルを生産していなかったため、たまたまパナソニック、シャープより軽傷なだけで、苦しい状態は同じだ。

平井社長は「現実路線」

この状況を打開すべく、昨年4月に就任した平井一夫社長は「現実路線」により損益の改善を図ろうとしている。テレビ事業は、低価格帯で数量を追う戦略をあらためることで来期(14年3月期)の赤字解消を目指す。メディカル事業の育成、高級デジカメの投入など攻めの施策も目立つ。サムスン電子との液晶合弁会社の解消、小型液晶のスピンアウト、ケミカル事業の売却、自社保有ビルの売却などリストラ、スリム化を断行した。

が、目先の大きな焦点はスマホ、タブレット端末など成長分野における巻き返し策だろう。スマホについてはエリクソンとの合弁を解消し100%子会社化してソニーグループとの連携を強化する方向に舵を切った。とはいえ、ソニーや他のグループの製品との連携は、まだまだこれからだ。本体が手掛けているタブレット端末については、まったく存在感を示せていないのが実情。サムスン、アップルが覇権を競うこれらの分野で新しい境地を開けるかどうかが現在の最大の焦点といえる。

次ページ平井社長との一問一答
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。