ソニーのデジカメ戦略、ミラーレスに勝機探る

シェアトップに返り咲き

ミラーレスに勝機探るソニーのデジカメ戦略

ソニーがデジタルカメラで力の入った攻勢を掛けている。9月には高級コンパクトカメラ「サイバーショットDSC−RX1」を発表。25万円という想定価格が話題をさらった。今回、10月30日に発表したのは、ミラーレス一眼レフ「NEXシリーズ」の新製品だ。

発表したのは2機種で、「NEX−5R」(=写真左=)と「NEX−6」(=写真右=)。いずれも「RX1」と同じ11月16日の発売予定だ。オープン価格だが、ソニーが明らかにしている市場推定価格はNEX−5Rボディが8万円、NEX−6ボディが9万5000円前後。これにより、すでに販売中のエントリー機種「NEX−F3」、最上位機種の「NEX−7」と合わせ、NEXファミリーのラインナップが完成する。

デジタルイメージングマーケティング部の磯村英男統括部長は、30日の会見で「2010年4月にミラーレス一眼を発売し、シェアナンバーワンになった。その後、東日本大震災とタイの洪水で数量不足が続いたが、足元ではふたたびシェアトップに返り咲いている。これから、ナンバーワンポジションを強固にしていきたい」と冒頭に説明した。

既存のミラー一眼レフ(αシリーズ)、コンパクトカメラ(サイバーショットシリーズ)も展開するソニーだが、NEXシリーズをもっとも重要なジャンルと位置づけており、ここでのシェアアップがデジタル・イメージング事業の収益拡大に向けたカギを握る。

「スマホに食われるコンデジ(コンパクトデジカメ)。ではどうする?」というのが今、この業界における旬な話題だ。確かに、キヤノン、ニコンなどのカメラメーカーにとって、スマホは敵だ。それに対し、ソニーはやや複雑だ。ソニーモバイルはスマホ「エクスペリア」を展開している。スマホ躍進により、圧倒的な強みを持つイメージ・センサーの外販も伸びることにもなり、かならずしもスマホは敵ではない。

 「カメラ機能が付いているので、どうしてもいったんはスマホに流れる。これにどう対応するかはすべてのカメラメーカーが腐心しているところだ。しかし、日常的に撮影することを考えると、やはりカメラが必要になる。その場合の魅力をしっかり提案できるかどうかが重要になる」(磯村統括部長)。

平井一夫社長は今年4月、3つのコア事業として、デジタル・イメージング(カメラとイメージ・センサー)、ゲーム機、モバイル機器(スマホとタブレットなど)を掲げている。デジタル・イメージングの躍進へ向けた今年度の武器は出揃った。ライバルであるキヤノン、ニコンもミラーレス一眼での攻勢を誓っており、今年は勝負の年。クリスマス商戦でのシェア攻防に注目が集まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT