「iPad Air2」が扱いやすくなるケースの秘密

純正カバーとのマッチングがすごい

iPad Air 2向けのケースも、iPhone向けのメッシュケースと同様、Appleロゴを強調するようメッシュのサイズが調整されたデザインが採用されているが、iPhone向けの製品との加工には違いがあった。

画像を拡大
しなやかで弾力がある素材。硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうどいい硬さだ

iPhone 6 PlusもiPad Air 2も、背面は同じ平面になっているが、iPhone向けでは端末の中央に向かってケースの厚みを持たせていた。iPad向けでは逆に中央に向かって薄くし、両端に厚みを持たせる加工をしている。

いずれも、デバイスを握りやすくするためで、デバイスのサイズの違いから最適な厚みの変化の付け方を変えるこだわりと、そのこだわりを実現する日本での加工は健在だった。

エラストマーという素材は、Apple Watch Sportのバンドが「フルオロエラストマー」を採用したことから知名度が上がってきた。しなやかで弾力があるこの素材は、プラスティック系のケースのように硬くなく、シリコンのように柔らかすぎてへたったりしない、ちょうどよさがある。

繰り返し着脱をしても、無理な力をかけずにすんなりとなじませることができ、しかし変形したり劣化したりしない。そのため長持ちさせることができるというわけだ。この点も、長く使うiPadにとって、ケースの買い換えを頻繁に行わずに済むメリットといえるだろう。

画像を拡大
スマートカバーの磁石をキャッチ。一体化しているようなマッチングを見せてくれる

また、この製品はアップル純正のスマートカバーの磁石を強力にキャッチするスチールが採用されている。そのため、純正のカバーを使いたいけれどケースも使いたい場合、一体化しているかのようなマッチングを見せてくれる。

そのため、カバーと一体型になっているようにも見えるが、別売りである点は留意の上で。

iPadを扱いやすくするスマートなケース

iPad向けのAndmeshは、iPadそのものを守りつつ、スタイリッシュな印象を与えてくれるファッションケースといえる。背面は縁に向かって厚みを持たせて握りやすさを確保し、スマートカバーも強力な磁力を生かしてしっかりと固定してくれる。

サードパーティ製のケースながら、iPhone同様、iPadを実際に使う人をよく考えたケースといえるだろう。今後も、日本だけでなく海外からの需要も強力になることが考えられる。大きくブランド名やロゴを入れなかったクールさは、製品の品質と特徴に自信がある現れだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT