ソニー、新型「エクスペリア」が抱える不安

狙いの国内市場基盤固めはできるか

ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長は、注目のリストラ策について今回の発表会では触れなかった。

ソニーは4月20日、東京・品川本社でスマートフォンの新機種「エクスペリアZ4」の発表会を開催した。発表された新機種は、夏以降に国内で発売する見通し。海外の一部でも販売を検討しているというが、詳細は未定だ。

モバイル事業を担うソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長は、「エクスペリアZシリーズの完成形だ」と強調。新機種を武器に、まずは国内市場の基盤固めを重視する姿勢を示した。

ソニーのモバイル事業は、2014年度上期に1760億円もの巨額減損を計上し、通期で2150億円もの営業赤字(2013年度は126億円の黒字)を見込む、不振の象徴とも言える部門だ。

「Z4」の三つの特徴とは

十時氏は2014年秋に同部門トップに就任。販売地域の見直しや商品モデル数の絞り込みなど、従来の拡大路線から縮小路線への転換を明言しており、その具体策への言及が注目されていた。

しかし今回、発表したのはあくまで新製品の特徴について。十時社長自身も、記者の囲み取材などに対し、販売地域の見直しやリストラの詳細については明言せず、「出発点は商品力。どうやってユニークなフィーチャーを入れて商品力を高めるかが、競争力の源泉だ」と、あくまで”商品力”にこだわる姿勢を強調した。

ソニーがこだわった新機種の特徴は三つある。一つは、アルミ板から削り出したメタルフレームを使用し、高級感を醸成したデザイン。もう一つは、高精細なフロントカメラの搭載で、よりきれいに自分撮りができるカメラ機能。さらに、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる、エンタテインメント機能である。

次ページ新機種の物足りなさとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。