ソニー、新型「エクスペリア」が抱える不安

狙いの国内市場基盤固めはできるか

ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長は、注目のリストラ策について今回の発表会では触れなかった。

ソニーは4月20日、東京・品川本社でスマートフォンの新機種「エクスペリアZ4」の発表会を開催した。発表された新機種は、夏以降に国内で発売する見通し。海外の一部でも販売を検討しているというが、詳細は未定だ。

モバイル事業を担うソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長は、「エクスペリアZシリーズの完成形だ」と強調。新機種を武器に、まずは国内市場の基盤固めを重視する姿勢を示した。

ソニーのモバイル事業は、2014年度上期に1760億円もの巨額減損を計上し、通期で2150億円もの営業赤字(2013年度は126億円の黒字)を見込む、不振の象徴とも言える部門だ。

「Z4」の三つの特徴とは

十時氏は2014年秋に同部門トップに就任。販売地域の見直しや商品モデル数の絞り込みなど、従来の拡大路線から縮小路線への転換を明言しており、その具体策への言及が注目されていた。

しかし今回、発表したのはあくまで新製品の特徴について。十時社長自身も、記者の囲み取材などに対し、販売地域の見直しやリストラの詳細については明言せず、「出発点は商品力。どうやってユニークなフィーチャーを入れて商品力を高めるかが、競争力の源泉だ」と、あくまで”商品力”にこだわる姿勢を強調した。

ソニーがこだわった新機種の特徴は三つある。一つは、アルミ板から削り出したメタルフレームを使用し、高級感を醸成したデザイン。もう一つは、高精細なフロントカメラの搭載で、よりきれいに自分撮りができるカメラ機能。さらに、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる、エンタテインメント機能である。

次ページ新機種の物足りなさとは?
人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。