ブックオフが「中古スマホ」を買い取る理由

大手携帯会社の下取りと真っ向勝負

ブックオフの新宿駅西口店の中古スマホ売場。「端末が壊れた」と駆け込むユーザーも多い(撮影:今井康一)

新宿駅西口近くのブックオフ。800台以上の中古スマホがずらりと並ぶフロアに、帰宅途中の会社員が続々と集まってくる。客層の中心は30~40代の男性。2012年に発売されたアイフォーン5やそれ以前の機種など、3万円を下回る手頃な価格の端末が人気だ。

 大手携帯会社が下取りを強化する一方で、中古品販売大手のブックオフコーポレーションやDVDレンタル大手のゲオホールディングス、パソコン販売大手でビックカメラ傘下のソフマップなどは、国内中古市場の開拓に力を入れている。

買い手に特徴

現在、ブックオフは約800店、ゲオは約1000店で中古スマホを取り扱う。全国36店あるソフマップでも大半の店で取り扱い、ビックカメラの店舗に設けた専用カウンターでも買い取りを実施。各社とも、店頭で販売するスマホは基本的にユーザーから買い取ったものだ。ブックオフの場合、携帯電話の買い取り台数は2014年度で35万台になる見通し。

いずれも、買い手は通信に詳しい20代後半から40代の男性が中心だ。また、外国人客のウエイトも非常に高い。「都心部では(外国人が)客の3割を占める店舗もある」(ゲオ情報管理部)。「新宿西口駅前店の場合、売り上げの半分が外国人向け」(ブックオフ事業開発部の青木亨氏)。「10台、20台とまとめて買っていくケースもある」(ソフマップ秋葉原本館)。

中古品の買い手には特徴が見られる一方で、端末の売却には比較的幅広い層のユーザーが訪れるようだ。ソフマップの場合、「20代前半から年配の方まで来店する。発売して間もない機種を売るユーザーもいるが、2~3人の友人同士や家族連れで来店するケースも多い」(秋葉原買取センターの加瀬弘充氏)という。

次ページブックオフが次なる一手
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。