ソニー、新型「エクスペリア」が抱える不安

狙いの国内市場基盤固めはできるか

「Z4」ではきれいに自分撮りができるカメラ機能や、ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質を楽しめる点が強み

デザインや楽しみ方を、前機種からそれぞれ進化させたのが、「Z4」といえる。しかし、左右が曲面の「エッジ」タイプを投入し、デザインを一新させた韓国サムスン電子の新機種「ギャラクシーS6」シリーズなどに比べると、既存の延長線上の進化という印象は否めない。

「Z4は大きさも、前機種の5.2インチと同じ。それ以上大きくなると、ニッチ市場になるため、今は5インチ前後が主戦場だ。しかし同市場は成熟化しており、差別化は容易ではない」と、MM総研の篠崎忠征氏は指摘する。

アンドロイド勢同士で消耗戦

これがXperia Z4

実際、ソニーのスマホは2011年度に国内販売台数311万台、シェア12%の4位から、2013年度には同484万台、シェア16%の2位にまで駆け上がったが、2014年度上期はシェア10%で3位に低下。目下シェア5割を超え、拡大を続ける米アップルのiPhone(アイフォーン)に比べ、アンドロイド勢同士の消耗戦はきつく、勢いは乏しい。

ソニーのモバイル事業は、従来13カ所あった世界の販売地域を、5カ所に絞り込むなど、組織のスリム化を進めている。2015年度までに中国など海外で2100人を削減するとも発表済みだ。

しかし、不採算の海外事業を絞る一方、「もっとも重要の市場」(十時氏)と位置付ける国内での収益確保が不可欠な状況は変わらない。「Z4」でどこまで新顧客を獲得できるか。新機種の国内での決戦は、夏場以降になる。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT