Macに最適な「ビジネス必需品」の揃え方

「Office 365 Solo」でできること

Mac向けにマイクロソフトが販売している「オフィス365 Solo」。購入者にはビジネスに便利な特典つきだ
当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

昨今、ビジネスでMacを選ぶユーザーも増えてきた。その理由として、同じ性能のマシンを選ぶと割安になるモデルが存在すること、ウェブやクラウドベースでの作業が普及してきたことに加えて、マイクロソフトがきちんとMac向けにオフィス製品を提供していることが挙げられる。業界標準のビジネスアプリケーションが利用できれば、書類の共有などの場面で困ることは少なくなる。

現在、Mac向けに提供されている最新版はオフィス2016。このバージョンを利用するには、マイクロソフトの購読型サービス「オフィス365 Solo」を購入する必要がある。なおMac向けのパッケージ版はオフィス2011の提供に留まっており最新版は利用できない。

新しいUIを採用し、文書のデザイン性も向上

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします。

オフィス2016 for Macの機能向上のポイントは、オフィスではおなじみとなっているリボンインターフェイスをより使いやすく改善した点、そしてデザイン面を強化した点といえる。

リボンは、ウインドウ上部にタブが用意され、よく使う機能をすぐに呼び出すことができるUIで、ウィンドウズ版を含めたオフィス製品に採用されている。Mac版でも、アプリのテーマカラーを採用したメニューバーと、各アプリで人気のある機能へワンクリックでたどり着けるため、効率的な作業が可能だ。

次ページRetinaもサポート
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT