AppleWatch、知られざる「健康機能」の凄み

アップル本社の部門責任者に直撃!

AppleWatchのキラー機能とされるエクササイズ機能

AppleWatchはウエアラブルデバイス、あるいはスマートウォッチの本命として、アップルが満を持して投入した新しいデバイスだ。価格はスポーツモデルで4万円台からと、ほかのウエアラブルデバイスと比較しても高い部類に入り、また肌感覚でもユーザーが増えていないように感じているかもしれない。

しかし、滑り出しは好調のようだ。調査会社IDCによると、2015年第2四半期、AppleWatchは360万台を販売し、ウエアラブルデバイス市場ではトップのFitBitに次いで2位につけたという。

米国のWristlyによると、AppleWatch所有者の97%がAppleWatchに「満足している」と答えた。毎日装着しているユーザーは86.1%に上り、ユーザーの78%以上の人々が「健康を意識するようになった」と生活の変化を実感しているという。

AppleWatchのキラー機能とされるエクササイズ機能について、アップルでフィットネス・ヘルステクノロジー部門のディレクターを務めるジェイ・ブラニック氏に、アップルの本社で実際のウォーキングをしながら話を聞いた。

アップルはヘルスケア分野で本気を出している

ブラニック氏はカリスマトレーナーとして知られ、ベストセラー書籍をリリースしたり、18年にわたってナイキの契約トレーナー、コンサルタントを務め、ランニングアプリケーションなどのデジタルプロダクトの開発に携わった経歴を持っている人物だ。

AppleWatchにも、同氏の知見が生かされているが、その取り組み方は、ヘルスケア分野における「アップルの本気度」と「長期的な戦略としての位置づけ」をうかがわせるものだった。

次ページM&Aに頼らず自社内でヘルスケア分野に挑戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT