スマホでここまでスゴイ鉄道写真が撮れる!

まずは「駅撮り」の基本を押さえよう

スマホの機能は格段にアップ。ひと工夫すれば、本格的なデジカメがなくてもレベルの高い写真が撮れるようになってきた(筆者撮影)

今や、生活の必需品になったスマートフォン。いつも持ち歩いて素早く使えるスマホは、鉄道趣味にもさまざまなシーンで生かせるガジェットです。特に最近のスマホはカメラの機能が著しくアップしており、本格的なデジタルカメラがなくても、かなりハイレベルな写真が撮れるようになりました。

快速「あいづライナー」で描写力を比較!

この連載の過去記事はこちら

まずはこちらの写真を見てください。この3枚は、それぞれ筆者が所有するiPhone5、Androidスマートフォン、そしてミラーレス1眼カメラで撮影した快速「あいづライナー」。順番は入れ替えてありますが、どれがどのカメラで撮った写真かわかりますか?

まずは1枚目。

 

快速「あいづライナー」の1枚目

さらに、2枚続きます。

次ページ「駅撮り」の基本とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT