スマホでここまでスゴイ鉄道写真が撮れる!

まずは「駅撮り」の基本を押さえよう

スマホの機能は格段にアップ。ひと工夫すれば、本格的なデジカメがなくてもレベルの高い写真が撮れるようになってきた(筆者撮影)

今や、生活の必需品になったスマートフォン。いつも持ち歩いて素早く使えるスマホは、鉄道趣味にもさまざまなシーンで生かせるガジェットです。特に最近のスマホはカメラの機能が著しくアップしており、本格的なデジタルカメラがなくても、かなりハイレベルな写真が撮れるようになりました。

快速「あいづライナー」で描写力を比較!

この連載の過去記事はこちら

まずはこちらの写真を見てください。この3枚は、それぞれ筆者が所有するiPhone5、Androidスマートフォン、そしてミラーレス1眼カメラで撮影した快速「あいづライナー」。順番は入れ替えてありますが、どれがどのカメラで撮った写真かわかりますか?

まずは1枚目。

 

快速「あいづライナー」の1枚目

さらに、2枚続きます。

次ページ「駅撮り」の基本とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT