iPhone6s、「ライブフォト」で鉄道写真を撮る

列車や駅員が命を与えられたように動き出す

iPhone6の「ライブフォト」機能を使えば、簡単に約3秒間の動画が音声入りで録画できます

アップルのiPhoneシリーズは、デジカメ顔負けのハイクオリティなカメラを搭載しています。画素数などのスペックだけでなく、フリーズなどの不具合が少なく、暗いところでも綺麗に撮れる実用性が人気の秘密。動画のクオリティも素晴らしく、最近ではデジカメを持たずにiPhoneだけで旅行に行く人も増えています。

9月に発売されたiPhone6sでは、背面に1200万画素、前面に500万画素のカメラを搭載し、4年ぶりに画素数がアップ。動画では、ハイビジョンをはるかに上回る4K動画も撮影できるようになりました。

しかし、そうした派手なスペック以上に注目したいのが、新たに搭載された「ライブフォト(Live Photos)」機能です。

写真がまるで命を与えられたよう

この連載の過去記事はこちら

これは、通常の写真を撮影すると、シャッターを切った前後1.5秒ずつ、約3秒間の動画を音声入りで記録するというもの。写真を表示させた状態で画面を強く押すと、静止画がするする動き出します。

写真が、まるで命を与えられたように動き出す様子はとてもインパクトがあります。ただ、まだ純正アプリ以外にほとんど使い道がないこともあり、数回試しただけの人も多いのではないでしょうか。

次ページ鉄道や旅を動画で記録
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。