iPhone6s、「ライブフォト」で鉄道写真を撮る

列車や駅員が命を与えられたように動き出す

iPhone6の「ライブフォト」機能を使えば、簡単に約3秒間の動画が音声入りで録画できます

アップルのiPhoneシリーズは、デジカメ顔負けのハイクオリティなカメラを搭載しています。画素数などのスペックだけでなく、フリーズなどの不具合が少なく、暗いところでも綺麗に撮れる実用性が人気の秘密。動画のクオリティも素晴らしく、最近ではデジカメを持たずにiPhoneだけで旅行に行く人も増えています。

9月に発売されたiPhone6sでは、背面に1200万画素、前面に500万画素のカメラを搭載し、4年ぶりに画素数がアップ。動画では、ハイビジョンをはるかに上回る4K動画も撮影できるようになりました。

しかし、そうした派手なスペック以上に注目したいのが、新たに搭載された「ライブフォト(Live Photos)」機能です。

写真がまるで命を与えられたよう

この連載の過去記事はこちら

これは、通常の写真を撮影すると、シャッターを切った前後1.5秒ずつ、約3秒間の動画を音声入りで記録するというもの。写真を表示させた状態で画面を強く押すと、静止画がするする動き出します。

写真が、まるで命を与えられたように動き出す様子はとてもインパクトがあります。ただ、まだ純正アプリ以外にほとんど使い道がないこともあり、数回試しただけの人も多いのではないでしょうか。

次ページ鉄道や旅を動画で記録
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。