パノラマで鉄道を撮るスゴい技があった!

ちょっとした手間で「凡作」が見違える

スマホのパノラマ機能を上手に使えるようになれば、撮影場所に制限があってもダイナミックな写真が撮れるように

スマートフォンのパノラマ機能、使っていますか?

パノラマ機能は、スマートフォンをゆっくり回転させるように動かし、自動的に撮影された複数の写真をつなぎ合わせて広い範囲を写した写真を生成する機能です。でも、いざ撮ってみると形が歪んだり、やたらと広い範囲が写ったりして、意外に使いにくいものです。

「ちょっとだけパノラマ」で列車全体を写す

この連載の過去記事はこちら

先日、東京駅を訪れました。東京駅の赤レンガ駅舎の全景を正面から撮ろうとiPhoneのパノラマ機能を使ったところ、手前の車は消失するわ、建物は大きく歪むは、とても鑑賞に堪えない写真になってしまいました。

パノラマ機能は形が大きく歪んでしまい使いづらい

使いどころが難しいパノラマ機能ですが、実は駅で停車している列車を撮影するとき、便利に使うことができます。駅で列車を撮影する場合、安全を確保することはとても大事。必ず黄色い線の内側で撮影し、もちろん立ち入り禁止のエリアに入ってはいけません。

次ページ列車全体を撮るには?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。