これが山を拝める日本の車窓ベスト10だ!

新幹線からローカル線まで読むだけで旅気分

北陸新幹線から眺めた立山連峰の車窓

夏休みが近づき、山や海へ出かけようと計画している人も多いことだろう。中には「忙しくて休みどころではない」という人もいるかもしれない。せめて、列車の車窓からでも夏らしい気分を味わえないかということで、雄大な山を眺められる車窓ベスト10を選んでみた。

上位は中部山岳地帯をめぐる路線

この連載の過去記事はこちら

2015年春に開業したばかりの北陸新幹線。長さ20キロメートル以上にもおよぶ飯山トンネルをはじめ、トンネルが多いけれども、地上区間から眺める山の車窓では特筆すべきものがある。というわけで、第1位には、北陸新幹線を挙げてみた。

1位:北陸新幹線~立山連峰、北信五岳、浅間山

いわゆる「長野新幹線」と呼ばれていた長野までの区間では、浅間山が見えることで知られていた。それを序奏とすると、長野―飯山間では、北信五岳をはじめとする北アルプスの雄大な眺めが左に見えている。そして飯山トンネルなど長大トンネルをいくつも抜け、日本海側に達すると、今度は立山連峰が富山に到着するまで存分に見えるのだ。

新幹線で、これほどまで雄大な山並みが眺められるとは、乗ってみるまで想像だにしなかった。今年の夏は、車窓を楽しみながら、ぜひ北陸新幹線で北陸各地に向かおう。

2位:大糸線~北アルプス

山の車窓で有名な路線といえば、定番はJR大糸線。松本から北に向かう車中で、北アルプスの山々が次々と登場し圧巻だ。普通列車は意外に混雑し、思うような席に座れないかもしれない。臨時で走る中央線からの直通特急列車のほうが落ち着いて車窓を楽しめると思うが、いちばんの狙い目列車は、「リゾートビューふるさと」だ。展望席もあるし、各種イベントもあるので観光には最適であろう。

次ページ3位は都内から乗れるあの列車
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT