節分に鉄分補給、「鬼」と「豆」が付く駅名10選

「鬼滅の刃」大ヒットで例年以上に注目集まるか

東武鬼怒川線の鬼怒川温泉駅。蒸気機関車(SL)の転車台がある駅前広場で鬼が出迎える(編集部撮影)

2021年の節分は2月2日である。節分というのは立春の前日であり、毎年2月3日と固定されているわけではなく、2月4日のこともあった。

2021年の立春は2月3日なので、2月2日が節分となるのだが、これは明治期の1897年以来、実に124年ぶりのことになるという。また今回の節分は、映画『鬼滅の刃』の大ヒットもあって鬼にまつわる話題も多く、例年以上に盛り上がりそうだ。さらにステイホームで在宅時間が増えていることから、豆まきで鬼(コロナ)退散を願う家庭も多いのではないだろうか。

そこで節分にちなみ、全国にある「鬼」と「豆」が名前に付く駅を筆者の独断で選び、駅にまつわる話題を書いてみた。

鬼怒川温泉からスタート

まずは、「鬼」が駅名に含まれる駅から。

1)鬼怒川温泉(東武鬼怒川線)

古くは毛野(けの)国と呼ばれた栃木県、そこを流れる川なので「けのかわ」「けぬがわ」さらになまって「きぬがわ」と呼ばれるようになったという説、あるいは、普段は静かに流れている川なのに、洪水になると荒れ狂って「鬼が怒っているようだ」といわれ、鬼怒川になったともいわれている。

この連載の一覧はこちら

鬼怒川上流は、温泉が湧いたことから鬼怒川温泉として昭和のころは会社の社員旅行などでにぎわい、巨大なビルとなった温泉旅館が林立し大いに栄えた。しかし、平成以降、団体旅行が流行らなくなり、客が激減したことから温泉地は閑古鳥が鳴くようになった。それに加え、東日本大震災の影響もあって、鬼怒川温泉から客が遠のいてしまった。

次ページSLで盛り上がる路線
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT