関西人の得意技?「あだ名」で呼ばれる駅10選

駅名の略称から利用者の愛着が伝わってくる

百貨店やホテルが建つ近鉄の大阪上本町駅。大規模な再開発の構想がある(写真:みのすけ/PIXTA)

駅名の中には、長くて言いづらいもの、それほど長くはないけれども略したほうが発音しやすいものが多々ある。せっかく苦労して命名したのに、略称が一般的になってしまえば駅名を考案した鉄道会社としては苦労のし甲斐がないとも思うけれど、逆の見方をすれば、「あだ名」が付くほど世間では親しまれている証しともいえるだろう。

今回は大阪を中心に関西の駅を取り上げる。調べてみると、駅名省略の本場は関西なのではないかと思うほど、親しみを込めた愛称が普及しているようだ。

近鉄のターミナル駅

1) 大阪上本町駅(近鉄大阪線など)

古くからある近畿日本鉄道の大阪市内のターミナル駅。1914(大正3)年に上本町駅として開業。接続する路面電車の停留場が上本町六丁目であったので、いつしか「上六(うえろく)」の通称で親しまれるようになった。

この連載の一覧はこちら

筆者は親戚が近鉄沿線に住んでいたので、幼少の頃、大阪へ遊びに行くと、市内中心部へ出かけるときは、まず「うえろくに行く」と言っていた。記憶にある昭和30年代中頃の「うえろく」、それは、この駅に乗り入れる大阪線、奈良線ともに4線ずつ、計8線の櫛(くし)形ホームを持つ堂々たるターミナル駅だった。

1970(昭和45)年に地下の難波線が開業して以降、地上ホームは全盛期ほどの華やかさでなくなったが、周辺は駅直結のホテルや百貨店をはじめ近鉄グループが運営する施設が集まっている。大規模な再開発も検討されており、将来が楽しみなエリアである。

次ページ大阪メトロは「あだ名」の宝庫
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT