引退2年、京急2000形にみる「看板列車の品格」

斬新デザインと高級感ある車内が人気だった

2018年春に引退した京急「2000形」車両。斬新な外観デザインが特徴だった=2018年2月(記者撮影)

いまから2年前の2018年春、京浜急行電鉄で35年にわたって活躍した「2000形」車両が引退した。

先進的な外観デザインと高級感のある車内設備を売りにして、通常の優等列車のほか、夜の帰宅時間帯に座って帰れる「ウィング号」でも運用され、同社のエース車両として一世を風靡。その伝統は引退したいまもなお、京急の車両に引き継がれている。

斬新なデザインと高級感

2000形は1982年12月、快速特急(現在の「快特」)などの優等列⾞用に、当初は2扉で座席を進⾏⽅向に対して直⾓に配置したクロスシート車として登場した。

外観のいちばんの特徴は、「く」の字に突き出したスピード感ある前面の形状だ。ヘッドライトは尾灯とセットにして運転席の大きな窓の下に2つ配置した。それまでの京急車両は中央上部に1灯が伝統的なスタイルだった。ドアは従来の片開きでなく、京急で初めて両開きを採用した。

2扉クロスシート車時代の2000形の車内。車両中央に向いた「集団見合い形」と呼ぶシートの配置がわかる(写真:京急電鉄)

車内は座席が車両中央に向いた「集団見合い形」と呼ぶ固定式のクロスシートで、有料特急のような側面の大型窓に横引きのカーテン、天井の照明カバーなどが高級感を醸し出した。足回りは、4年先輩にあたる「800形」で初採用した省エネルギーの界磁チョッパ制御をベースにしたが、モーターの出力を高めるなど高速性能を重視。設計上の最高速度は時速130kmに引き上げられた。

有料特急のような⾞内設備と⾼速性能、斬新な外観デザインなどが評価され、翌年に「鉄道友の会」が選ぶ「ブルーリボン賞」を同社で初めて受賞した。

次ページ通勤・観光両面で活躍
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT