引退2年、京急2000形にみる「看板列車の品格」

斬新デザインと高級感ある車内が人気だった

2018年春に引退した京急「2000形」車両。斬新な外観デザインが特徴だった=2018年2月(記者撮影)

いまから2年前の2018年春、京浜急行電鉄で35年にわたって活躍した「2000形」車両が引退した。

先進的な外観デザインと高級感のある車内設備を売りにして、通常の優等列車のほか、夜の帰宅時間帯に座って帰れる「ウィング号」でも運用され、同社のエース車両として一世を風靡。その伝統は引退したいまもなお、京急の車両に引き継がれている。

斬新なデザインと高級感

2000形は1982年12月、快速特急(現在の「快特」)などの優等列⾞用に、当初は2扉で座席を進⾏⽅向に対して直⾓に配置したクロスシート車として登場した。

外観のいちばんの特徴は、「く」の字に突き出したスピード感ある前面の形状だ。ヘッドライトは尾灯とセットにして運転席の大きな窓の下に2つ配置した。それまでの京急車両は中央上部に1灯が伝統的なスタイルだった。ドアは従来の片開きでなく、京急で初めて両開きを採用した。

2扉クロスシート車時代の2000形の車内。車両中央に向いた「集団見合い形」と呼ぶシートの配置がわかる(写真:京急電鉄)

車内は座席が車両中央に向いた「集団見合い形」と呼ぶ固定式のクロスシートで、有料特急のような側面の大型窓に横引きのカーテン、天井の照明カバーなどが高級感を醸し出した。足回りは、4年先輩にあたる「800形」で初採用した省エネルギーの界磁チョッパ制御をベースにしたが、モーターの出力を高めるなど高速性能を重視。設計上の最高速度は時速130kmに引き上げられた。

有料特急のような⾞内設備と⾼速性能、斬新な外観デザインなどが評価され、翌年に「鉄道友の会」が選ぶ「ブルーリボン賞」を同社で初めて受賞した。

次ページ通勤・観光両面で活躍
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT