命の洗濯!山・海路鉄道で聴く極上音楽は?

ミュージシャンとゆく「聴き鉄」紀行

石見の海岸線を走る山陰本線(写真:em/PIXTA)

夏至の前後は車窓を眺めて旅しよう

「なぜエベレストに登るのか?そこにエベレストがあるから」(ジョージ・マロリー)――。

ある新聞記者の質問に対し登山家が答えたという、あまりにも有名な言葉だ。私たちはなぜ列車旅に惹かれてしまうのだろうか?その答えもおそらく「そこに線路があるから」というシンプルなものかもしれない。理由などない。本能が求めてしまうのだ。

この連載の過去記事はこちら

夏までのしばらくは、僕のような列車旅好きにとって、ややつらい季節となる。ふらりと1日旅に出たくなっても格安な乗り放題きっぷが、すっぽりと設定から外れているのだ。

それでもこの季節の旅には特別な喜びがある。今年の夏至は6月22日。つまりこの日は1年で昼の長さが最も長い。その前後の期間は、車窓を長く楽しんでいたい人にはもってこい。土日の2日間が自由に使えるなら、JR東日本の週末パスなどを利用して、かなり広範囲までアクセスできる。さっそく音楽プレイヤーをフル充電にして、新緑のさわやかな初夏の旅を楽しむとしよう。

次ページ車両の音や観光案内のアナウンスも堪能
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT