命の洗濯!山・海路鉄道で聴く極上音楽は?

ミュージシャンとゆく「聴き鉄」紀行

石見の海岸線を走る山陰本線(写真:em/PIXTA)

夏至の前後は車窓を眺めて旅しよう

「なぜエベレストに登るのか?そこにエベレストがあるから」(ジョージ・マロリー)――。

ある新聞記者の質問に対し登山家が答えたという、あまりにも有名な言葉だ。私たちはなぜ列車旅に惹かれてしまうのだろうか?その答えもおそらく「そこに線路があるから」というシンプルなものかもしれない。理由などない。本能が求めてしまうのだ。

この連載の過去記事はこちら

夏までのしばらくは、僕のような列車旅好きにとって、ややつらい季節となる。ふらりと1日旅に出たくなっても格安な乗り放題きっぷが、すっぽりと設定から外れているのだ。

それでもこの季節の旅には特別な喜びがある。今年の夏至は6月22日。つまりこの日は1年で昼の長さが最も長い。その前後の期間は、車窓を長く楽しんでいたい人にはもってこい。土日の2日間が自由に使えるなら、JR東日本の週末パスなどを利用して、かなり広範囲までアクセスできる。さっそく音楽プレイヤーをフル充電にして、新緑のさわやかな初夏の旅を楽しむとしよう。

次ページ車両の音や観光案内のアナウンスも堪能
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。