JR東海はなぜSKE48を"大使"にしたのか

アイドルと鉄道のコラボが相次いでいる

リニア・鉄道館の特別親善大使に就任したSKE48。松井玲奈さん(左から3人目)は“鉄子”としても有名だ

リニア中央新幹線が世界最速となる時速603キロメートルで走行した4月21日、JR東海ではもう1つのビッグイベントが行われていた。名古屋市にあるリニア・鉄道館の特別親善大使に、アイドルグループ・SKE48が就任したのだ。

名古屋を拠点に活動するSKE48のメンバーは、仕事での移動に東海道新幹線を使うことが多い。また、メンバーの松井玲奈さんは新幹線好きの“鉄子”としても知られた存在。リニア・鉄道館の親善大使就任は納得感がある。

きっかけはCDジャケットの撮影

大使就任のきっかけは、SKE48の17枚目のシングル「コケティッシュ渋滞中」のCDジャケット撮影だった。「撮影に東海道新幹線を使いたいという要望があったが、営業運行する新幹線車内での撮影は難しいため、リニア・鉄道館に展示されている車両での撮影となった」(JR東海)。これが縁となって、親善大使就任につながったというわけだ。

このアルバムのジャケットは複数種類存在し、改札口やホーム上で撮影したジャケットもある。これらはリニア・鉄道館ではなく、実際の駅で撮影されている。

それにしても、お堅いイメージのあるJR東海とアイドルグループの組み合わせは、少々似つかわしくないようにも思える。ただ、同社によれば「先例はある」という。2003年の新幹線品川駅開業キャンペーンに、アイドルグループ・TOKIOを起用したことだ。

JR東海は新駅開業のキャンペーンのために新しい曲を作ろうと考え、作曲とプロデュースをなかにし礼氏に委託。作曲を筒美京平氏、歌をTOKIOが担当することになった。

次ページほかにもコラボはたくさんあった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。