SKE48とココイチが狙う「華麗な販促」の勝算

販促効果は、通常の広告のなんと12倍!

9月2日の記者発表で、店舗の新しいユニフォームを披露する「SKE48」(筆者撮影)

果たして、「二匹目のドジョウ」はいるのか?愛知県を本拠とするカレー専門店チェーン壱番屋(主力店舗は「CoCo壱番屋」、通称ココイチ)が、昨年秋に続き、今年も9月16日からAKB48の姉妹グループ「SKE48」との「コラボ販促キャンペーン」をスタートする。キャンペーン名は、「推しトッピン具対決!!2014」だ。

「SKE効果」は、通常の純広告のなんと「約12倍」!?

同社がSKE48と販促コラボ「推しトッピン具対決!!」に乗り出したのは昨年10月のことだ。すでに全国的な人気を誇るSKE48とのキャンペーンは期待のほうが高かったという。実際、その結果はケタ違いだった。

通常、同社が新聞、テレビ、雑誌などに純広告を出せば一定期間売上げが増える。また通常の販促キャンペーンを行った場合は、おカネがかかる分、一般の純広告対比では2~3倍程度の効果が得られるという。だが、「SKE48とのキャンペーンは通常の販促効果の約4~6倍、純広告の効果で比べれば、売上げの増加分で見ると、なんと12倍の販促効果がありました」と、同社の徳永篤宜・営業管理部販促推進課長は驚きを隠さない。

次ページSKEの人気も「全国区」だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT