SKE48とココイチが狙う「華麗な販促」の勝算

販促効果は、通常の広告のなんと12倍!

しかも、徳永課長が驚くのは、地元の愛知県や名古屋市だけでなく、全国への浸透ぶりだ。いわずもがなだが、SKE48の「SKE」は名古屋市の中心部の栄(SAKAE)からの命名だ。多少はローカル的な人気になるかもと思いきや、「SKEの全国、まんべんのない波及力に驚いた」(同)。FCを中心に全国47都道府県に展開(1230店、2014年8月末)するココイチとすれば、これはうれしい誤算だった。

CDやDVDもいいけど、カレーもね!

キャンペーンのポスターも「3チーム対決」の構図を示す(写真提供:壱番屋)

では、キャンペーンはどんなものなのか。まずは昨年のキャンペーン「推しトッピン具対決!!」(2013年10月16日~同11月30日)で振りかえってみよう。

まずSKE48(公式サイトによれば69人)の中から選抜された18人のメンバーが、カレーのうえにかけるトッピング食材の種類によって、3チーム(「シーフード」「ベジタブル」「ミート」)に分かれる。

そのうえで、例えば松井玲奈はツナチーズ(シーフード)、松井珠理奈はコーン(ベジタブル)、高柳明音はチキン(ミート)といった具合に、各メンバーが1種類、推奨するトッピングのメニューを決める。

来店する顧客は、自分の気に入ったメンバーやチームのトッピングを注文。あとは注文レシートを添付した専用封筒で応募、さまざまな景品(公演チケット、メンバーと一緒に壱番屋本社でカレーを食べるイベントへの参加権など)を狙うという、いたってシンプルなものだ。「勝敗」は、注文総数が多かったチームを優勝(個人順位は競わない)とした。昨年のキャンペーンでは、松井玲奈率いる「チームシーフード」が優勝。同チームの6人は2014年元旦にココイチ全店舗に掲示された「新年ご挨拶ポスター」に出演を果たした。

応募件数も同社にとっては、破格だった。経営企画室長の浅井佳会氏は「昨年のSKEキャンペーンでの応募総数13万7359通は当社の過去のキャンペーンの中でも断トツだった」と反響の大きさに唸る。

次ページ「SKE愛」と「ココイチ愛」に支えられ・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。