妖怪ウォッチも焼け石に水?マックの窮状

8月の既存店は前年比25%のマイナス

子供連れで賑わった9月最初の週末から、わずか2日後。衝撃の数字が明らかになった(撮影:尾形文繁)

9月に入って最初の週末。東京・練馬区のとあるマクドナルドでは、子供連れの家族客を中心に長い行列を作っていた。目当ては、子供たちの間で大ブームとなっている「妖怪ウォッチ」の限定カードを特典にした「ハッピーセット」だ。

「限定発売している月見バーガーを食べようと思ったが、さすがに行列を見てあきらめた」――。日曜日の昼にマクドナルドを訪れた20代後半の会社員はこう嘆いた。

上場以来、最大の落ち込み

ところが、活気に満ちた週末から一転、2日後に発表された8月の月次状況は、まさに惨憺たるものだった。

日本マクドナルドホールディングスは9月9日、8月の月次売上状況を発表した。既存店売上高は前年同月比で25.1%減という“超”がつくほどの大幅なマイナスとなった。この数値は2001年7月の上場以来で最も大きな落ち込み幅となる。

「想像していたよりも悪い数字だった。まさに異常値といえる」。業界歴の長い外食ジャーナリストは25%減の印象についてこう語る。内訳を見ても、客数は同16.9%減、客単価も同9.8%減と、今年最大の下げ幅となった。

次ページ落ち込みは想定の範囲内?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。