グッズ売り切れ続出、大化けした妖怪ウォッチ

ゲーム会社が仕掛けた緻密な戦略とは

アニメ放映が始まってから人気に火が付いた。右から主人公のケータ、妖怪のウィスパー、ジバニャン(C)LEVEL5/妖怪ウォッチプロジェクト・テレビ東京

子供たちの間で「妖怪ウォッチ」旋風が巻き起こっている。

ブームに火をつけたのは、今年1月上旬にテレビ東京系6局ネットで始まったアニメ放映だ。これをきっかけに、昨年7月に発売されていたニンテンドー3DS用のゲームソフトの販売が急拡大。5月に販売本数が100万を突破した。ゲームソフトは発売直後に最も売れるのが一般的。発売から半年後に“後伸び”するのは異例だ。

ゲームだけではない。1月中旬にバンダイが販売を開始した妖怪ウォッチ関連のグッズは、全国のおもちゃ売り場で売り切れが続出。ストーリーの中に登場する腕時計のおもちゃ「DX妖怪ウォッチ」(税抜き3200円)は、ネットオークションで数万円の値がついている。

「妖怪タウン」は一時営業停止に

画像を拡大
東京駅の妖怪タウンは、連日親子連れでにぎわう

3月中旬に東京駅一番街にオープンした、ナムコが運営するキャラクターイベントショップ「妖怪タウン」も活況だ。

来店客が殺到し、オープンからわずか2日で営業を一時停止した。4月中旬に再開して以降、整理券の配布からネットでの予約制に切り替えたが、依然として高倍率だ。「関西などから来るお客様もいるほど応募者が多い」(ナムコIP施設営業部IP物販チームマネージャーの内藤浩司氏)。

小学館が発行する『月刊コロコロコミック』は、2012年12月からマンガを掲載。アニメが始まった後は、「読者アンケートでつねにいちばん高い評価を獲得している」(和田誠副編集長)という。

アニメで流れる主題歌「ゲラゲラポーのうた」のCDは、5月12日付のオリコン週間ランキングで4位を記録。エンディングの「ようかい体操第一」は、小学校の運動会のダンスでよく使われる。

次ページどんなストーリーなのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。