ゲーム機はいらなくなる?ストラタスの破壊力

iPhone用コントローラーにヒットの兆し

任天堂を筆頭としたゲーム機メーカーは、スマートフォンの台頭で劣勢に立たされている。その流れをさらに加速させかねない製品が登場した。

デンマークのゲーム機器専門メーカー、スチールシリーズ社が販売しているiOS7用の無線ゲームコントローラー「Stratus Wireless(ストラタス・ワイヤレス)」だ。

特長は、iPhoneやiPadにダウンロードしたゲームを、家庭用ゲーム機と同じように操作できること。これまでもiPhoneやiPadなどに対応したゲームパッドと呼ばれる製品は出ていたが、操作性がいまひとつだった。ストラタスは2014年1月に海外で発売されると、ゲーム紹介サイト「ポケットゲーマー」などがこぞって絶賛。日本では3月末にアップルストアの3店舗(銀座、渋谷、名古屋栄)で、4月上旬からはアップルオンラインストアでも販売が開始され、さっそくコアなゲームファンの間で話題となっている。価格は税抜き7800円だ。

格闘ゲームも簡単に操作

ストラタスは基本の十字キーに加え、4つのフェイスボタン(A、B、X、Y)とデュアルアナログスティック、上部に4つのショルダーボタン(L1、L2、R1、R2)を備える。これだけのボタンを装備しているにもかかわらず、縦横の大きさはiPhone5とほぼ同じ。本体重量は約75グラムで、ソニーの「プレイステーション4」のコントローラー(210グラム)と比べるとかなり軽い。

リチウムイオンバッテリーを内蔵し、連続で10時間使用可能。同梱のUSBチャージャーにより約2時間で充電可能だ。さらに、ストラタスに対応しているゲームによっては、同時に最大4人までプレーできる。

これまでのスマホゲームは、どちらかといえば、パズルゲームなど指先ひとつで操作できる簡単なものが多かった。あるゲーム会社の役員は以前、「特に格闘系のゲームはタッチパネルでは素早い操作が難しく、コントローラーがないと遊びにくい。しょせんはスマホ。ゲーム専用機には、ゲーム専用機でしか遊べないものが厳然としてある」と語っていた。

しかし、ストラタスを購入したユーザーからは「格闘ゲームの連続技も軽々出せた」など、ストレスなく遊べるとの声が上がっている。

次ページ低くなる専用機との垣根
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT