初速は順調。PS4はソニーの救世主か

緒戦はライバルに圧勝。利益貢献へ期待大だが

ソニーのプレイステーション4(PS4)が日本デビューを果たした。メディアクリエイトの調べによると2月22日の発売から最初の2日間の実売は30万9154台。品薄状態で発売日を迎えた「PS3」と比べると多いが、苦戦が続く任天堂「Wii U」も最初の2日で30万8750台だった。現段階でスタートダッシュに成功したと判断するのは、まだ早い。

ただ、昨年11月15日に先行投入した欧米では勢いがついている。米VGチャーツが2月15日に発表した統計ではPS4が540万台、昨年11月22日発売のマイクロソフト「Xbox One」は350万台と、その差は大きい。しかも直近2週間に限ると、PS4は36万台とXbox Oneの12万台に対し3倍の差をつけているという。

欧米でPS4がライバルを制することができた大きな理由の一つは価格の設定だろう。PS4の399ドルに対し、Xbox Oneは499ドルと100ドル(約1万円)の差がある。

ジェスチャーで操作できる周辺機器のキネクトを標準で同梱するXbox Oneのほうが機能的には有利だが、多くのゲームファンは価格に敏感だ。マイクロソフトは、かつてのソニーPS3と同じジレンマを背負ってしまったといえる。前世代とは攻守が逆転したのである。

もう一つ、ソニーの初速がいい理由は、オンラインコミュニティに勢いがあることだ。出遅れたオンラインゲームを強化したことが奏功し、PS3の累積販売台数はすでにXbox 360を凌駕している。今の家庭用ゲーム機では、プレー内容をネット中継したり、プレーの様子をネット動画サービスで共有したりするなど“ソーシャル要素”が重要。多くの友達が遊んでいるゲーム機を買おうとするため、オンラインコミュニティに勢いがあるPS4に人気が集まるのは、必然ともいえる。

次ページまだ病み上がり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT