キネクトで新しいゲーム体験を提供、Xboxは年末商戦で躍進する--泉水敬・日本マイクロソフト執行役常務

キネクトで新しいゲーム体験を提供、Xboxは年末商戦で躍進する--泉水敬・日本マイクロソフト執行役常務

6月7~9日、世界最大のゲーム見本市「E3」が米国ロサンゼルスにて開催された。E3に先立ち、マイクロソフトは業界関係者向けにカンファレンスを実施した。マイクロソフトは、据置型ゲーム機「Xbox360」でエンターテイメントコンテンツの集約によりユーザー層の拡大を目指すと宣言。グラフィックに優れたゲーム機であるXbox360は、欧米のゲームファンから強い支持を受ける一方、ゲームであまり遊ばないカジュアル層を不得手としてきた。挽回の切り札として昨11月、周辺機器の「キネクト(※1)」を投入。米国で爆発的な売れゆきを見せている。

E3の会期中、日本マイクロソフト執行役常務の泉水敬・ホーム&エンターテイメント事業本部長は東洋経済の取材に応じ、キネクトを軸に、今年の年末商戦で躍進したいと語った。

※1 キネクト(Kinect)は、マイクロソフトの据置型ゲーム機「Xbox360」の周辺機器である、コントローラ不要の体感型ゲームシステム。昨秋に発売され、日本での知名度はまだまだ低いが北米では年末商戦を制するほどの大ヒットを継続している


 泉水氏との一問一答は以下の通り。

--昨秋発売したキネクトが北米で売れている。これまでコアゲーマー(上級者)向けが強かったXbox360のビジネスに、どのような影響を及ぼしているか。

日本にいるとなかなか実感できないが、キネクトは北米で爆発的に売れている。発売から4カ月で、全世界で1000万台を突破した。この記録は、ゲーム機の周辺機器としては画期的だと自負している。

これまでXbox360はコアゲーマーに強かったが、キネクトの投入でカジュアル層にも顧客層が広がった。体感型ゲーム市場が活気づいていることに加え、コントローラを手にせずとも自然にダンスやスポーツなどのゲームを楽しめる点がウケている。全米で大ヒットした『ダンスセントラル』は、今年の年末商戦で続編を投入する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT