ゲーム機はいらなくなる?ストラタスの破壊力

iPhone用コントローラーにヒットの兆し

現在はコントローラーに対応しているスマホゲームがそれほど多くなく、ストラタスの脅威は潜在的なものにとどまっている。

とはいえ、ゲーム専用機とスマホの垣根は低くなりつつある。たとえば、プレイステーション2で人気のあった、米ロックスター・ゲームスのアクションゲーム「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」はすでにiOS用のゲームとしても発売されており、ストラタスにも対応している。

整う開発環境

また米国のユニティ・テクノロジーズが提供している、複雑なアプリケーションの開発を簡単にできるゲーム開発用ツール「Unity(ユニティ)」には、ストラタスをサポートする環境が用意されている。ユニティは任天堂の「Wii U」向けやソニーのプレイステーション向けゲームだけでなく、スマホゲームの開発にも多く使われており、利用者はインディゲームの開発者を含めると数十万人規模に膨れあがっているという。

2012年に発売されたWii Uの世界累計販売台数が586万台(2013年12月末時点)と伸び悩む一方、プレイステーション4は、昨年11月の発売から約5カ月で世界累計販売台数700万台(2014年4月6日時点)を突破した。スマホが急速に普及する中で、ゲーム専用機にも根強いニーズがあることは確かだ。

ただ、スマホの性能向上や開発環境の改善、ストラタスのようなコントローラーの登場で、今後、専用機向けと遜色ないスマホゲームが出てくる可能性が高い。専用機vs.スマホの覇権争いがますます激しくなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。